スペクトラルDNC

ホーム 育毛剤 育毛シャンプー 育毛サプリメント 女性用育毛剤 育毛アイテム
育毛剤HOME > 海外の育毛剤 > スペクトラルDNC

スペクトラルDNC

スペクトラルDNC

スペクトラルDNCは、アメリカのDSラボラトリーズ社が開発したスプレータイプのミノキシジル系育毛剤です。

ミノキシジルの代表的な育毛剤であるロゲインよりも発毛の即効性が高いことが臨床試験において証明されています。

スペクトラルDNCが、ロゲインを含めた従来のミノキシジル製剤と決定的に異なるところは、成分がナノサムズ化されていることです。

ナノサズム化されたスペクトラルDNC

スペクトラルDNCの「DNC」は、Delayed Nanosome Complexの略です。これは「ゆっくり放出されるナノ化された複合体」という意味で、スペクトラルDNCの特徴をあらわしています。

つまり、育毛に有効なスペクトラルDNCの成分を、人間の細胞の1/10サイズのカプセルに閉じ込めることで、頭皮の奥深くまで浸透させ、実に12時間以上の時間かけて作用・放出させつづけることができるのです。

近年、育毛剤においては、このナノ化がひじょうに有効であることが分かっています。日本の代表的な育毛剤であるナノインパクトリアルラゾンなども、おなじく成分のナノ化に成功しています。

スペクトラルDNCの成分と効果

ミノキシジル5%の有効成分に加えて、スペクトラルDNCでは、新成分のアミネクシル(AminexilR)を1%配合しています。

ミノキシジルは、主に頭頂部の発毛に効果を発揮しますが、スペクトラルDNCの場合は、前頭部の薄毛も含めて効果を発揮すると言われています。

また、スペクトラルDNCの重要なもうひとつの成分であるアミネクシルは、主に抜け毛防止に効果を発揮します。

スペクトラルDNCでは、そのほか、アデノゲンでも有名なアデノシンに加え、プロシアニジン、レチノール、クッパー(銅)ペプチドなど、育毛に有効とされている代表的な成分をすべてナノ化しています。

スペクトラルDNCの副作用

有効成分がミノキシジルであるため、頭皮のかゆみを代表とする副作用の可能性があります。

他に、性欲減退、頭痛、めまい、手足のしびれなどが考えられます。こうした副作用が生じた場合は、スペクトラルDNCの使用を停止し、速やかに医師に相談するようにしてください。

ただし、よくあるミノキシジル系の育毛剤と違って、スペクトラルDNCには溶剤による頭皮のかぶれが少ないと言われています。

スペクトラルDNCの使用方法

スペクトラルDNCにはチューブノズルがついています。こちらから、薄毛の気になる箇所に直接塗布してください。

使用前には、必ずボトルを十分にふるようにし、沈殿などがないよう、中身の成分を均一にしてください。

使用は1日に2回。朝と晩が基本です。髪と頭皮をよく洗ったあとに、薄毛の気になる箇所に、10回(1mlくらい)ほどスプレーしてください。

ただし、晩は寝る直前ではなく、スペクトラルDNCが十分に乾くまでの時間をおくようにしてください。

なお、使用後はかならず石けんでよく手を洗うようにしてください。また、身体の他の箇所にスペクトラルDNCがつかないように気をつけてください。その箇所の体毛が濃くなる可能性があります。

スペクトラルDNC ⇒スペクトラルDNCの個人輸入代行店
ランキング