AGA・男性型脱毛症

ホーム 育毛剤 育毛シャンプー 育毛サプリメント 女性用育毛剤 育毛アイテム
育毛剤HOME > 育毛剤 > セファニーズ5α

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)とは、すべての脱毛症のなかで95%を占めると言われるもので、頭頂部および前頭部から薄くなり進行していくのを特徴とします。どちらか一方の場合もあれば、双方から薄毛が進行していく場合もあります。

男性型脱毛症を英語で表記すると「Androgenetic Alopecia」となり、これを略して一般的にAGAと呼ばれています。

AGA(男性型脱毛症)の影響を受けている男性は、30歳以下で30%、50歳以上になると50%を超えます。進行性の抜け毛であるため、放っておくと悪化し、最後には回復の見込みがなくなります。

ちなみに、AGAは男性型という名称ではありますが、けっして男性だけの脱毛症ではなく、女性にも生じる脱毛症です。しかしながら、名称を区別して、女性の場合は女子男性型脱毛症(FAGA)と呼ぶ場合もあります。

AGA(男性型脱毛症)の症状

AGA(男性型脱毛症)が発症すると、髪の成長期が短くなります

通常は、成長期⇒退行期⇒休止期というヘアサイクルなのですが、AGAは成長期を短くするため、髪が適切に成長してしまう前に退行期が訪れ、髪が短いまま抜け落ちてしまいます。

こうして、AGA(男性型脱毛症)ではヘアサイクル自体が短縮化され、どの毛髪も成長しないため、産毛のような短い状態の髪だけがたくさん残ることになり、地肌の見えやすい薄毛の状態になります。

生え際から発症し後退していくパターンもあれば、頭頂部やつむじ周辺から発症し拡大していくパターンもあります。また、この双方から薄毛が進行していくAGAもあります。

AGA(男性型脱毛症)の治療方法

AGAの仕組みは簡単です。

  1. テストステロン(TS)という男性ホルモンが5αリダクターゼという変換酵素の影響を受け、ジヒドロテストステロン(DHT)になる。
  2. 変換されてできたDHTは、テストステロン(TS)の5~10倍の脱毛作用を持ちます。結果、脱毛が促進されます。

以上から、5αリダクターゼという変換酵素を抑えさえすれば、DHTが生じることもないのです。そのため、育毛剤や育毛サプリメントでは、いかにして5αリダクターゼを抑制するかが焦点となっています。

現在確認されているなかで、確実に5αリダクターゼを抑えることができる成分として、まずフィナステリドがあります。そのため、抜け毛抑制としてプロペシアの人気が高いのです。

しかしながら、フィナステリドには副作用がありました。そこで、最近はノコギリヤシという副作用のない天然の成分が注目を浴びています。こちらを配合し5αリダクターゼの抑制に特化したサプリメントが5α-Rです。こちらは、国内の育毛サプリメントでは最も売れている商品の一つです。

他にも、AGAの治療・対策として、いったんDHTが形成された後、毛包のレセプターサイトにこのDHTが付着するのを防ぐことが目的の育毛剤もあります。代表格がスピロノラクトンです。ただし、こちらにはフィナステリドと同様にいくらかの副作用の可能性があります。

ランキング