アロビックス液

ホーム 育毛剤 育毛シャンプー 育毛サプリメント 女性用育毛剤 育毛アイテム
育毛剤HOME > 育毛剤 > アロビックス液

アロビックス液 血管拡張作用で発毛を実感

アロビックス液

アロビックス液は有効成分『塩化カルプロニウム』 の効用でAGA(男性型脱毛症)などの薄毛症状を改善する医薬品です。

同様の医薬品に『フロジン液』がありますが、アロビックス液はフロジン液よりも安価に入手できるジェネリック医薬品となります。

使い方は他の一般的な育毛剤同様、頭皮に直接するだけですが、その抜け毛改善率は非常に高く、使用者の半分以上が薄毛部分からの発毛を実感しています。

アロビックス液は日本でも医薬品として処方されており、日本におけるAGA治療の一環としてプロペシアなどと一緒に処方されるケースが多くなっています。

アロビックス液の発毛効果

AGA治療に有効な医薬品には『ミノキシジル』が有名ですが、アロビックス液に含まれる塩化カルプロニウムにもミノキシジルに似た作用があります。

塩化カルプロニウムは内服薬としても外用薬としても使用されますが、内服薬としては慢性胃炎や胃下垂に有効であり、外用薬としては局部血管拡張作用による発毛・育毛効果が認められています

外用薬であるアロビックス液は、薄毛部分に塗布すると、皮膚下の血管が一時的に拡張し、血流が増加して頭皮全体の血行を改善する働きがあります。

発毛を行っている毛母細胞は血中の栄養分や酸素をもとに活動しているため、血行が改善されると栄養の供給がスムーズになり、発毛が促進されるようになります。

塩化カルプロニウムは従来の血管拡張成分『アセチルコリン』よりも浸透性・持続性に優れており、血行不良による薄毛症状により高い効果を発揮することができます。

アロビックス液の副作用

アロビックス液には塩化カルプロニウムが5%濃度含まれており、通常の薬局や薬店では購入することができない医薬品となっています。

そのため、使用の際、まれに顔・全身の発汗や頭皮のかゆみ、かぶれなどの症状があらわれる場合があります。

塩化カルプロニウムによる副作用発症率はさほど高くないと言われていますが、もし5%濃度のアロビックス液で副作用があらわれる場合、塩化カルプロニウムの濃度を抑えた『NFカロヤンガッシュ』を使用してみるとよいでしょう。

アロビックス液
⇒アロビックス液の販売公式サイト
ランキング