育毛剤の正しい使い方

ホーム 育毛剤 育毛シャンプー 育毛サプリメント 女性用育毛剤 育毛アイテム
育毛剤HOME > 育毛剤 > 使い方

育毛剤の正しい使い方

育毛剤の使い方

塗布タイプの育毛剤は、頭髪の薄い箇所を中心につけます。

髪ではなく、頭皮につけるということが大切ですので、薄い部分にまんべんなくすり込むようなかたちで、マッサージをするようにします。

また、マッサージは神経をリラックスさせ、副交感神経の働きを活発にしますので、頭皮の血行を促進する作用に加え、毛根に栄養を供給する効果もありますので、育毛には大変効果的です。

最近では、薬用凌駕のようにノズル式であったり、M-1のようにスプレー式であったり、またロゲインのようにより頭皮に浸透しやすいフォーム(泡)タイプであったりなど、頭皮により簡単で効果的に行き渡るよう工夫がされています。

育毛剤をつける時間帯

最も効果的な時間帯はです。

夜間は、髪の成長を促す副交感神経の働きがもっとも活発になるため、髪が最も成長する時間帯なのです。

加えて、就寝前は精神的にもリラックスできます。薄毛の原因となるストレスから解放されて、ゆったりとした気持ちで育毛剤を使用するのに夜、就寝前などは最も適した時間帯です。

また、血管が拡張して血流が良くなる入浴後にも、育毛剤を併せて使うことでさらなる効果が期待できます。

頭皮の健康が鍵

育毛剤が最大限に効果を発揮するためには、何より頭皮が健康でなくてはなりません。

いくら良い育毛剤を選べたとしても、頭皮が炎症を起こしていたり、かぶれが出来ていたりするならば、頭皮は育毛成分を十分に経皮吸収することができません。

また、M-1のような100%完全無添加の育毛剤はまずないため、ほとんどの育毛剤が多かれ少なかれ刺激性を帯びています。

その結果、もともと頭皮の状態が悪い場合は、逆に育毛剤によって頭皮の状態を悪化させる結果となってしまうのです。

頭皮の状態は、マイクロスコープ を使って自宅でも調べることができますが、もし炎症やかぶれが、赤みが頭皮に生じているような場合は、まずは頭皮の健康回復を優先させてください。

湯シャンに切り替えるか、育毛シャンプーを無添加にするか、スカルプDのような頭皮の回復専用に作られた育毛シャンプーを使うようにしてください。

ランキング